1. ホーム
  2. 社会
  3. 酒気帯び出勤のバス運転手、停職2カ月 横浜市交通局

酒気帯び出勤のバス運転手、停職2カ月 横浜市交通局

社会 神奈川新聞  2019年04月25日 18:17

 横浜市交通局は25日、酒気帯び状態で出勤したバス運転手(53)を停職2カ月の懲戒処分にした。

 同局によると、1月25日朝、始業点呼前のアルコール検査で運転手からアルコールが検知されたため、乗務させなかった。

 また休憩中や待機中にバス車内で居眠りをし、出発を14~21分ほど遅らせた58歳と59歳の運転手2人を、減給や戒告の懲戒処分にした。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地