1. ホーム
  2. 社会
  3. 薬の「護衛」高分子開発

がんへ分解されず届ける
薬の「護衛」高分子開発

社会 共同通信  2019年04月24日 19:28

 がんの遺伝子の働きを抑える薬を、血液中で分解されないよう護衛しながらがん細胞へ確実に届ける高分子を開発したと、東京大の片岡一則特任教授らのチームが24日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。マウスの実験で治療効果を確認、年内にも乳がんを対象に臨床試験(治験)を始める考え。

 開発した高分子は、薬に結合する部分と、薬を分解してしまう血液中の酵素を寄せ付けない枝のような部分からなる。約20ナノメートル(ナノは10億分の1)と小さいため、血流に乗ってがん組織にたどり着くと、血管の壁の隙間から抜け出し、がん細胞に薬を届ける仕組み。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会