1. ホーム
  2. 話題
  3. プロの指導碁を楽しむ 横浜と川崎で県囲碁まつり

プロの指導碁を楽しむ 横浜と川崎で県囲碁まつり

話題 神奈川新聞  2019年04月24日 11:52

4面打ちで指導する孫喆七段 =横浜市西区の囲碁サロン「宇宙棋院」
4面打ちで指導する孫喆七段 =横浜市西区の囲碁サロン「宇宙棋院」

 日本棋院県本部と県が主催する第4回県囲碁まつりが14日、横浜市西区の囲碁サロン「宇宙棋院」と川崎市川崎区の「京浜川崎クラブ」で開催された。

 このイベントは毎年4月に行われており、今回は県の「かながわシニアスポーツフェスタ2019」の一環として、ねんりんピックの予選会も兼ねている。

 競技会には約130人が参加。最高位のSクラス(川崎会場のみ)は、上位者に県主要棋戦の予選免除権が与えられた。

 日本棋院の棋士も登場。横浜会場では孫(そん)喆(まこと)七段(23)、川崎会場では芝野龍之介二段(21)が指導碁や大盤解説を行った。「次の一手」の出題もあり、集まった愛好家はプロの解説に聞き入っていた。

 大会結果は次の通り(敬称略)。

 【横浜会場
 ▽A1クラス(1)能勢達八・五段(2)平石正彦六段(3)田中裕二・四段▽A2クラス(1)岡田幹雄初段(2)柴野博三段(3)東寛二郎三段▽Bクラス(1)大野嘉彦1級(2)廣野小巻6級(3)野沢道忠1級

 【川崎会場
 ▽Sクラス(1)清島萌永(2)加瀬貴之(3)島田直樹▽Aクラス(1)岩本直樹五段(2)木村光弘初段(3)馬久地誠五段、山川朝生五段▽Bクラス(1)白窪シオン5級(2)阿部克也1級


シェアする