1. ホーム
  2. 選挙
  3. 新人がトップ当選 南足柄市議選

統一地方選2019
新人がトップ当選 南足柄市議選

選挙 神奈川新聞  2019年04月23日 05:00

 南足柄市議選は、定数16に17人が挑み、現職11人が全員当選、新人6人のうち5人が初当選した。

 女性は改選前の1人から4人に増えた。新人で元高校教諭の綱島麻実氏が唯一2千票以上を獲得、トップ当選を果たした。

 党派別では、公明が現有2議席を確保。共産も現有1議席を守った。

 投票率は57・17%で前回を3・76ポイント下回り、過去最低となった。



【表の読み方】
▽定数、立候補者数▽「氏名」欄は氏名、ふりがな、投票日現在の満年齢、所属党派、現職・元職・新人の別、丸数字は当選回数▽「略歴」欄は代表的な職業・役職(カッコ内は主な経歴)、出身学校、現住所-の順▽党派の略称は自=自民党、立=立憲民主党、国=国民民主党、公=公明党、共=共産党、維=日本維新の会、由=自由党、希=希望の党、社=社民党、ネ=神奈川ネットワーク運動、諸=その他の政治団体、無=無所属。


シェアする