1. ホーム
  2. 選挙
  3. 議員選投票率、9市2町で低下 50%超えは1市3町

統一地方選2019
議員選投票率、9市2町で低下 50%超えは1市3町

選挙 神奈川新聞  2019年04月22日 01:37

県内議員選の投票率
県内議員選の投票率

 統一地方選後半戦で行われた14市町の議員選の投票率は、9市2町で4年前の前回選挙(山北町は無投票)より低下した。

 50%を超えたのは南足柄市、中井、山北、開成町の1市3町にとどまり、他の9市1町は50%を下回った。

 最も高かったのは、前回無投票だった山北町で、66・21%。開成町64・04%(前回68・20%)、中井町57・98%(同54・94%)の順。最も低かったのは、前回も最低だった藤沢市で、37・08%(同38・73%)だった。

 前回比の下落幅が最も大きかったのは、市長が昨年急逝し、今回から市議選単独になった茅ケ崎市(6・45ポイント減)で、葉山町(4・37ポイント減)、横須賀市(3・80ポイント減)の順だった。

 首長選が行われた3市2町は、大和市38・40%(前回40・80%)、平塚市41・30%(同43・80%)など、前回無投票だった湯河原町を除く全てで低下した。


シェアする