1. ホーム
  2. 減災
  3. 【減災新聞】〈ひと・もの・まち〉「想定外」の教訓生かす

前熊本市復興総室長・原口誠二さん
【減災新聞】〈ひと・もの・まち〉「想定外」の教訓生かす

減災 神奈川新聞  2019年04月21日 10:18

孤独死対策課題に


原口誠二さん
原口誠二さん

 熊本地震を受け、3月まで熊本市復興総室長を務めた原口誠二さんが18日、横浜市中区で講演を行った。避難所運営などを巡り混乱した初動対応の問題点を振り返る一方、仮設住宅から災害公営住宅への移行段階に入った現状を踏まえ、「孤独死対策」を今後の重点課題に挙げた。

 交代で詰める市や応援派遣の職員が中心となった避難所運営は情報共有がうまくいかず、「被災者からの苦情で職員が疲弊した」。全国から届く支援物資についても、多様な種類がトラックに混載されていたため集積拠点が混乱、避難所への供給に支障を来した。車中泊する被災者の把握や支援も後手に回った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする