1. ホーム
  2. 話題
  3. 野菜苗や花を求め 伊勢原で園芸まつりに人集まる

野菜苗や花を求め 伊勢原で園芸まつりに人集まる

話題 神奈川新聞  2019年04月21日 05:00

野菜の苗を選ぶ来場者=伊勢原市田中のJAいせはら本所
野菜の苗を選ぶ来場者=伊勢原市田中のJAいせはら本所

 伊勢原市田中のJAいせはら本所で20日、「第34回園芸まつり」が始まった。市内産の農産物や夏野菜の苗が販売され、訪れた人が買い求めた。21日まで。

 まつりは市内の農家でつくる市園芸協会が主催し、生産者と市民の交流を目的に毎年開いている。初日はトマト、ピーマン、ナスなどの苗が並び、人気を集めた。ホウレンソウやタマネギなど地元で採れた野菜やキノコ、牛乳「いせはら地(じ)ミルク」も販売された。

 自宅の庭で育てるカボチャの苗を購入した同市桜台の会社員島谷洋さん(39)は「毎年来ている。子どもがカボチャ好きなので、育ててもらいたい」と話していた。

 まつりは午前9時から午後2時半まで。21日は午前11時半からペチュニア、マリーゴールドなどの花苗、午後1時半からはナスの苗の配布が行われる。


シェアする