1. ホーム
  2. 社会
  3. 湯河原女性殺人・放火4年 情報提供を呼び掛け

湯河原女性殺人・放火4年 情報提供を呼び掛け

社会 神奈川新聞  2019年04月20日 10:37

事件発生から4年の節目を前に、現場近くの寺で墓参した福祉作業所の職員や利用者=19日午前
事件発生から4年の節目を前に、現場近くの寺で墓参した福祉作業所の職員や利用者=19日午前

 湯河原町宮下の住宅の焼け跡から2015年4月、住人の女性=当時(66)=の遺体が見つかった殺人、放火事件は21日で発生から4年を迎える。節目を前に19日、被害者の知人らは墓前で手を合わせ、県警はJR湯河原駅前で情報提供を呼び掛けた。

 被害者は生前、福祉作業所に通っており、利用者や職員計12人が現場近くの寺で墓参。被害者は甘い物が好きだったといい、親しくしていた利用者の女性はマドレーヌを供えた。

 同作業所は毎年節目に合わせて墓参しており、「利用者は優しかった被害者との思い出がずっと心に残っている」と所長。「一日も早く犯人が捕まり、法の裁きを受けてほしいというのが変わらぬ思い」と力を込めた。


事件を伝えるチラシを配って情報提供を呼び掛ける川瀬署長=JR湯河原駅前
事件を伝えるチラシを配って情報提供を呼び掛ける川瀬署長=JR湯河原駅前

 一方、県警は現場近くの湯河原駅前で利用客らにチラシ千枚を配り情報提供を呼び掛けた。小田原署捜査本部はこれまでに延べ2万885人の捜査員を投入し、同9964人から話を聞くなどしたが、容疑者に直結する有力な情報は得られていないという。

 火災が発生したのは15年4月21日午前6時ごろ。被害者の遺体は、額に包丁が刺さった状態で焼け跡の寝室から見つかった。複数の切り傷や刺し傷のほか、鈍器で殴られたような痕があり、殺害後に放火されたとみられている。

 県警は、火災当日に同駅の防犯カメラに写り込んでいた身長約170センチの不審な人物を捜している。川瀬伸二署長は「被害者と遺族の無念を晴らすべく捜査に注力している。ささいなことでも情報を」と述べた。

 不審人物の画像と動画は県警のホームページで公開している。情報提供は、署捜査本部電話0465(32)0110。


シェアする