1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 「被害救済制度、カード取りに」は、うそ 川崎で詐欺被害

「被害救済制度、カード取りに」は、うそ 川崎で詐欺被害

事件事故 神奈川新聞  2019年04月20日 05:00

 川崎市川崎区の80代の無職女性が19日までに、家電量販店の店員を装った男らにキャッシュカード4枚をだまし取られたと110番通報した。口座からは現金約160万円が引き出されていた。川崎署は手渡し型の詐欺事件として調べている。

 署によると、11日午後4時半ごろ、女性宅に家電量販店店員や金融庁職員を名乗る男らから「偽造カードを使い、あなたの口座から110万円が下ろされた」「被害救済制度の申請のため、カードを取りに行く」などとうその電話があった。その後、女性は自宅に現れた金融庁職員を装った男にカードを手渡した。


シェアする