1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 【キングダム】アクション満載の娯楽大作

【シネマ散歩】
【キングダム】アクション満載の娯楽大作

カルチャー 神奈川新聞  2019年04月19日 17:36

 19日からTOHOシネマズららぽーと横浜などで上映。紀元前の中国春秋戦国時代、戦が絶えない秦国を舞台に天下の大将軍を夢見る少年、信(山崎賢人)=写真中央=と中華統一を目指す若き王(吉沢亮)=同右。反乱を起こした王弟派との死闘を描いたエンターテインメント作品だ。

 現在も雑誌連載が続く同名の人気漫画が原作。原作者の原泰久も脚本に参加し、映画オリジナルの場面やせりふを追加し、完成度を高めたという。中国でロケを行った壮大なスケールの画面づくりに引き付けられる。

 次々に現れる強敵と対決する信のアクションが一番の見どころ。相手によって己の強さが引き出され、成長していく様子は、時代劇の定石ともいえるが胸がすく思い。減量して臨んだという細身の山崎が発揮する身体能力の高さに舌を巻く。アクションと同時に、目の表現力にも圧倒される。

 吉沢は剣道有段者だけあって、王が身に付けた正統派の太刀筋が美しい。後の始皇帝となる威厳が、声や視線の動きなど随所で感じられる。王にそっくりで影武者となる戦災孤児の少年、漂との二役だが、自己流の漂の剣との違いもうまく見せている。

 両手に剣を持ち華麗に戦う長沢まさみや太い二の腕でえたいの知れない大将軍を演じた大沢たかお、鳥のかぶり物が何ともユニークな橋本環奈=同左=ら、豪華な俳優陣も魅力的だ。


シェアする