1. ホーム
  2. 話題
  3. 読んで酔いしれ みなとみらいで古本ワインフェスタ

読んで酔いしれ みなとみらいで古本ワインフェスタ

話題 神奈川新聞  2019年04月19日 05:00

古書とワインが一緒に楽しめるフェスタ=みなとみらい駅
古書とワインが一緒に楽しめるフェスタ=みなとみらい駅

 掘り出しものの本を読みながらワイングラスを傾けようと、「駅ナカ古本ワインフェスタ」が18日、みなとみらい線みなとみらい駅構内(横浜市西区)で始まった。ありそうでなかなかない古書とワインの組み合わせに、興味を引かれた多くの人が立ち寄っている。

 主催は地域活性化などに取り組むNPO法人ちいき未来(神奈川区)。県古書組合(同区)の協力を得て、5万冊が集まった。郷土史コーナーも設け、みなとみらい21(MM21)地区の変遷をたどることができる。ワインは、東欧や中東の珍しい商品を数多く取りそろえた。飲食席もあり、読んで飲んでと楽しめる。

 古書店業界は経営的な苦戦が続く。組合所属の会員は、最盛期の200から120ほどに減った。実店舗を構えるのは、その3分の1。こうした催事は店側、客側双方に歓迎されるという。一方のワインでは、今回の輸入先のモルドバ、レバノンといった国は今後の注目エリア。売りやすい環境を開拓したい思いもある。

 会場は改札外コンコースの「みらいチューブ」と呼ばれる場所で、ちいき未来理事長の斉藤隆さんは「こんないい場所を使わないのはもったいない。異業種交流を深めて、たくさんの人に喜んでもらえたら」と思いを語る。

 24日まで(ワインフェスタは21日まで)。入場無料。問い合わせは斉藤さん電話090(4244)1958。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱