1. ホーム
  2. 社会
  3. 点字ブロック上の看板に衝突・負傷 障害者と設置会社和解

点字ブロック上の看板に衝突・負傷 障害者と設置会社和解

社会 神奈川新聞  2019年04月18日 18:49

横浜地裁

 点字ブロック上に置かれた看板に衝突しけがを負ったとして、横須賀市在住の目の見えない女性(48)が、看板を設置した横浜市の舗装工事会社に計約580万円の損害賠償を求めた訴訟は18日、横浜地裁(葛西功洋裁判官)で和解が成立した。会社側は解決金として200万円を支払い、再発防止に努めるとした。

 訴えによると、女性は2016年7月14日、同市のバス停付近の歩道をつえで確認しながら歩行中、道路の舗装工事を通知する看板(縦150センチ、横100センチ)に衝突し転倒。両足首を捻挫するなど全治8カ月の重傷を負った。看板は点字ブロック上に停車したトラックに立て掛けられていた。

 原告側は、現場付近は福祉施設が多数存在し、会社側は特に安全に配慮すべきだったと主張。後遺症により仕事ができなくなったなどとして慰謝料も求めた。和解条項で会社側は、安全確保が不十分だったことを認めた。

 女性は神奈川新聞の取材に「判決内容はうれしいが当然ではという気持ちもある。点字ブロックに気をつけてもらえるよう社会に発信できればいい」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱