1. ホーム
  2. 社会
  3. 川崎・扇町で燃料倉庫火災 バイオマス燃え続ける

川崎・扇町で燃料倉庫火災 バイオマス燃え続ける

社会 神奈川新聞  2019年04月16日 10:01

 16日午前2時ごろ、川崎市川崎区扇町、東洋埠頭川崎支店のベルトコンベヤーが燃えているのを警備員の男性が見つけ、同支店の男性社員を通じて119番通報した。同社敷地内にある発電会社「京浜バイオマスパワー」の燃料貯蔵倉庫にも延焼し、ベルトコンベヤー約450メートルと倉庫約1万5千平方メートルを焼いた。けが人はなかった。

 川崎市消防局が消火活動に当たったが、倉庫内のバイオマス燃料が燃え続け、同日現在、鎮火のめどは立っていない。

 川崎臨港署や市消防局によると、ベルトコンベヤー(幅約2メートル、全長約500メートル)は木片などでできたバイオマス燃料を船着き場から倉庫へ運搬するためのもので、出火当時は稼働していなかった。火はベルトコンベヤーを伝って倉庫に燃え移ったという。


シェアする