1. ホーム
  2. 話題
  3. 国道沿いに小田原提灯出現! 11月開業「漁港の駅」PR

国道沿いに小田原提灯出現! 11月開業「漁港の駅」PR

話題 神奈川新聞  2019年04月15日 12:00

看板を寄贈した小田原白梅ライオンズクラブの大滝会長(左)と加藤憲一市長=小田原市早川
看板を寄贈した小田原白梅ライオンズクラブの大滝会長(左)と加藤憲一市長=小田原市早川

 小田原白梅ライオンズクラブ(大滝靖生会長)は9日、11月に開業予定の漁港の駅「TOTOCO小田原」(小田原市早川)の入り口をアピールするため、「小田原提灯(ちょうちん)」をイメージした看板を市に寄贈した。同クラブ創立40周年記念事業の一環で、同日、現地で贈呈式を行った。

 看板は台座を含め高さ約3メートル、直径1メートルの円柱形。潮風からの腐食に強いステンレス製で大きく「小田原」と記されている。

 国道135号に面した位置に立つことから、大滝会長は式典で「1日2万台が往来する国道沿いに設置することで、少しでも小田原のPRになれば」と期待した。


小田原市に寄贈した看板を前に記念撮影する小田原白梅ライオンズクラブの会員ら=同市早川
小田原市に寄贈した看板を前に記念撮影する小田原白梅ライオンズクラブの会員ら=同市早川

 大滝会長によると、任期中のテーマを「深化と創造」と定め、伝統を深め、次時代に向けた芽吹きを目指してきたことから、漁港管理者の県に同日、多目的広場に植栽するオリーブの苗木40本、甘夏の苗木10本も寄贈した。

 TOTOCO小田原は昨年7月、台風12号の高波被害を受けた。建物の復旧工事や防波堤のかさ上げなどをした結果、開業は半年延びた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱