1. ホーム
  2. 話題
  3. 「期限内の納税を」 税務署員らが小田原駅前で呼び掛け

「期限内の納税を」 税務署員らが小田原駅前で呼び掛け

話題 神奈川新聞  2019年04月15日 05:00

納貯街頭広報活動
納貯街頭広報活動

 小田原足柄納税貯蓄組合連合会(松谷良峰会長)は「納貯の日」の10日、小田原駅の東西自由連絡通路(アークロード)で期限内の納税を呼び掛ける街頭広報活動を実施した。

 県西地域2市8町をエリアに、事業者らの円滑な納税を支援する同会が昨年から実施。今年は松谷会長をはじめとする役員や税務署、市の職員ら計約20人が「期限内に納税を」と書かれたたすきを掛け、ライト付きボールペン300個やチラシなどを駅利用客らに手渡した。

 「納貯の日」は、1951年4月10日に納税貯蓄組合法が施行されたことを記念し、2013年に全国納税貯蓄組合連合会が制定した。


シェアする