1. ホーム
  2. 話題
  3. 災害時の心得、外国人にも 女性団体、英語の冊子を作成

災害時の心得、外国人にも 女性団体、英語の冊子を作成

話題 神奈川新聞  2019年04月14日 12:54

負傷時の応急処置の方法などを英語で解説する冊子
負傷時の応急処置の方法などを英語で解説する冊子

 災害時に外国人市民にも身を守る方法を知ってもらおうと、女性防災団体「平塚パワーズ」が英語による防災冊子「防災減災 パワーズブック」を作成、平塚市と県に計1500部を寄贈した。

 冊子はA5判の40ページで昨年11月に2500部を作成した。緊急時の各機関への連絡先のほか、避難場所を示す道路標識など基礎知識をはじめとし、負傷した場合に身の回りの物で応急処置する方法を解説している。

 同団体は2017年に日本語のパワーズブックを作成し、これまでに約4千部を刊行した。この日本語版から実際に外国人市民からの意見も聞き、メンバーが英語版を編集した。


外国人向けの防災冊子を作成した「平塚パワーズ」=平塚市役所
外国人向けの防災冊子を作成した「平塚パワーズ」=平塚市役所

 英語版では緊急時に使う「病院に行きたい」「水をください」といった言葉も一覧表にまとめたのが特徴。災害時に日本語が話せなくても、冊子を指さしながらコミュニケーションが取れる。

 同団体の菅野由美子会長は「外国人の多くは地震の経験もなく、災害時にどうすればいいのか分からない人もいる。いざというときに少しでも役に立ててくれれば」と話した。

 同市では今後、500部を外国人向けのイベントなどで配布していく予定。冊子についての問い合わせは、市災害対策課電話0463(21)9734。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕