1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 「別れ話でむしゃくしゃ」 知らない女性殴り突き落とす 

「別れ話でむしゃくしゃ」 知らない女性殴り突き落とす 

事件事故 神奈川新聞  2019年04月12日 21:14

 面識のない女性を階段から突き落とすなどして重傷を負わせたとして、傷害容疑で逮捕された私立大学4年の男(21)=横浜市神奈川区=が動機について「交際相手との別れ話でむしゃくしゃしていた。女性を殴ってすっきりしたかった」と供述していることが12日、大船署への取材で分かった。鎌倉市は同日、同容疑者が市消防団員だったと発表した。

 署は同日までに、同容疑者を傷害容疑で送検した。

 署によると、同容疑者は1月3日、鎌倉市内の跨線橋(こせんきょう)上で、女性会社員(30)の顔を手で複数回殴ったり、階段から約3メートル下の踊り場に突き落としたりし、女性の顔や左足に約1カ月の重傷を負わせた、としている。同容疑者は知人と酒を飲み、帰宅途中だった。

 また市消防総務課によると、同容疑者は2016年4月から市内に28ある消防分団の一つに所属していた。同容疑者が所属する分団長から11日夕、市に連絡があった。同課は「団員が逮捕されたことは遺憾。事実確認をし、処分について協議、決定する」としている。


シェアする