1. ホーム
  2. カルチャー
  3. ラファエル前派の画家たち

【ミュージアム・ナビ】
ラファエル前派の画家たち

カルチャー 神奈川新聞  2019年04月12日 19:59

ロセッティの作品が並ぶ一角=三菱一号館美術館
ロセッティの作品が並ぶ一角=三菱一号館美術館

 6月9日まで。英国の美術評論家ラスキンの生誕200年を記念し、彼が絶賛した風景画家ターナーや活動を支援したラファエル前派の画家たちの絵画やステンドグラスなど約150点を紹介している。

 同派は、イタリア・ルネサンスの巨匠ラファエロ以降の絵画表現にこだわる美術学校に反発したロセッティやミレイ、ハントらが結成。自然の緻密な描写や人々の心を動かす美しい物語の場面を描き、英国美術の刷新を目指した。

 ラスキン自身の絵画や同団の第2世代に当たるバーン・ジョーンズの油彩画、同団と関わりを持ち、アーツ・アンド・クラフツ運動を推進したモリス商会の品々も並ぶ。

 ※4月29日、5月6・27日、6月3日を除く月曜休館。一般1700円ほか。東京駅丸の内南口徒歩5分。問い合わせはハローダイヤル03(5777)8600。


シェアする