1. ホーム
  2. 話題
  3. 夏の風物詩セミ本格始動 公園で羽化の姿も 大和市

夏の風物詩セミ本格始動 公園で羽化の姿も 大和市

話題 神奈川新聞  2017年07月21日 02:00

羽化したばかりのアブラゼミ =大和市内
羽化したばかりのアブラゼミ =大和市内

 夏の風物詩、セミたちも本格始動。大和市福田の公園では、羽化したばかりのアブラゼミが見られた。

 同市では2002年度より「セミのぬけがら調査」を実施、17年度も子どもたちに好評な市民鑑定士の養成講習会が23日に開催され、夏休みの調査がスタートする。

 16年度の調査報告書によると、市内に生息するセミは6種類で、最多は約8割を占めるアブラゼミ。13年度以降、南方系のクマゼミの抜け殻を発見し、地球温暖化の進行による定着も確認した。

 通常、アブラゼミは数年間、幼虫期を地中で成長、7~8月に出現する。市内の初鳴きは例年この時期という。


シェアする