1. ホーム
  2. 経済
  3. 不安解消へ「ご長寿安心パック」 預金凍結対策で川崎信金

不安解消へ「ご長寿安心パック」 預金凍結対策で川崎信金

経済 神奈川新聞  2019年04月12日 05:00

 財産に関する高齢者の不安を解消しようと、川崎信用金庫は、定期預金と信託商品、生命保険をセットで提案する企画「ご長寿安心パック」を始めた。預金者が亡くなった時に預金が凍結され、遺族が困るケースが増えているため。事前に受取人を指定できる生命保険や相続信託を組み合わせておくことで、預金凍結への備えとしてもらう。

 信託商品は、相続発生時に受取人に一時金や定時定額金を支払う「しんきん相続信託」と、受取人に生前贈与することで相続税負担を軽減できる「しんきん暦年信託」の2種類がある。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする