1. ホーム
  2. 選挙
  3. 地域活性化、少子化で熱論 湯河原町長選の出馬予定2氏

統一地方選2019
地域活性化、少子化で熱論 湯河原町長選の出馬予定2氏

選挙 神奈川新聞  2019年04月11日 19:04

観光客誘致などのテーマで論戦が展開された公開討論会=10日、湯河原観光会館
観光客誘致などのテーマで論戦が展開された公開討論会=10日、湯河原観光会館

 任期満了に伴う湯河原町長選(16日告示、21日投開票)の出馬予定者による公開討論会が10日夜、湯河原観光会館(同町宮上)であった。小田原青年会議所の主催で町民ら約200人が来場。地域活性化や少子化対策など四つのテーマで論戦が交わされた。

 登壇したのは、出馬表明順に、4選を目指す現職の冨田幸宏氏(61)、元町議で新人の室伏友三氏(70)。

 町では基幹産業である観光が低迷しており高齢化率は県内で最も高い(2018年1月現在)。昨夏は台風12号による高波や高潮で海水浴場の警備本部や海の家全12軒が全壊するなど、防災対策も急務の課題だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする