1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 「交流の響き」若手14人熱演

「交流の響き」若手14人熱演

カルチャー 神奈川新聞  2016年09月18日 02:00

心地よい音色を披露する神奈川代表の下野園ひな子さん=ミューザ川崎
心地よい音色を披露する神奈川代表の下野園ひな子さん=ミューザ川崎

 全国14の地方新聞社が開催している音楽コンクールの上位入賞者が集う「交流の響き2016inかわさき」が17日、ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市幸区)で開かれた。若手演奏家14人が出演し、多彩な楽器の音色で約600人の来場者を楽しませた。

 川崎市と神奈川新聞社が主催し、各新聞社などの共催で12回目。同市の伊藤弘副市長は「交流を通して切磋琢磨(せっさたくま)し、音楽界を担うリーダーになってほしい」とあいさつした。

 出演者は神奈川をはじめ福島、新潟、富山、群馬、埼玉、千葉、長野、静岡、広島、高知、鹿児島、沖縄の各県代表で、熊本県からも「被災地に笑顔を届けたい」と参加。中学1年生から20代までが、ピアノやバイオリン、フルートなどの腕前を披露した。

 かながわ音楽コンクールバイオリン部門で県議会議長賞を受賞した東京芸術大学1年の下野園ひな子さん(19)は、プーランクの「バイオリンとピアノのためのソナタ第1楽章」を演奏。初めてミューザ川崎の舞台に立ち、「お客さんの呼吸が聞こえるほど身近に感じた。ピアノ伴奏もパワフルに弾いてもらい、気持ち良く演奏できた」と笑顔で話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃