1. ホーム
  2. 社会
  3. 母国で受刑、円滑復帰図る

外国人423人を移送
母国で受刑、円滑復帰図る

社会 共同通信  2019年04月09日 10:00

 日本から移送された外国人受刑者数の推移
 日本から移送された外国人受刑者数の推移

 欧州評議会の「受刑者移送条約」に基づく国際受刑者移送法が2003年6月に施行されて以来、日本から各国に移送された外国人受刑者が、今年3月末時点で計423人に上ることが9日、法務省への取材で分かった。条約は締結国間で受刑者移送を可能にするもので、母国で受刑する機会を与え、円滑な社会復帰を図るのが目的。法務省は積極的に活用したい考えだ。

 条約は欧州評議会の加盟国や日米など非加盟国の66カ国が締結。日本はこの条約を締結していないタイ、ブラジル、イランと個別に移送の条約を結び、ほかに中国、ベトナムとも交渉している。


シェアする