1. ホーム
  2. 選挙
  3. 「市民の良識示した」 「選挙ヘイト」候補落選に市民団体

時代の正体
「市民の良識示した」 「選挙ヘイト」候補落選に市民団体

選挙 神奈川新聞  2019年04月08日 22:00

川崎市議選の結果を伝える本紙ウェブサイト「カナロコ」の画面
川崎市議選の結果を伝える本紙ウェブサイト「カナロコ」の画面

【時代の正体取材班=石橋 学】川崎市議選に川崎区から出馬した佐久間吾一氏の陣営が選挙運動と称してヘイトスピーチを繰り返した問題で、差別根絶に取り組む「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は投開票から一夜明けた8日、佐久間氏の落選について、「ヘイトを決して受け入れないという市民社会の意思が明確になった」と歓迎した。佐久間氏を支援した極右政治団体「日本第一党」最高顧問の瀬戸弘幸氏は当選目的はなかったと公表しており、「選挙まで悪用する差別主義者は刑事罰でなければ抑止できない」としている。

 佐久間氏の得票は959票で得票率は1・4%。13候補中12位で、最下位当選者の得票の約4分の1、2797票差と当選にはほど遠かった。幸区から出馬し1441票、得票率2・7%だった前回2015年から大きく後退する結果に、市民ネットワークの山田貴夫さんは「第一党と組んだことで差別する目的がはっきりし、当て込んだ保守層の支持も得られなかったのでは」とみる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況