1. ホーム
  2. 選挙
  3. 【相模原市長選】本村氏「経験ぶつける」現職ら退け初当選

統一地方選2019
【相模原市長選】本村氏「経験ぶつける」現職ら退け初当選

選挙 神奈川新聞  2019年04月07日 22:26

 相模原市長選は、元衆院議員の本村賢太郎氏(48)が初当選を果たし、4選を期した現職の加山俊夫氏(74)のほか、新人の宮崎雄一郎氏(52)、八木大二郎氏(55)を退けた。

「誇りを持てる市に」新人本村氏、目を潤ませ


初当選が決まり、万歳三唱する本村氏=7日午後8時すぎ、相模原市中央区の事務所
初当選が決まり、万歳三唱する本村氏=7日午後8時すぎ、相模原市中央区の事務所

 午後8時すぎ、相模原市中央区の事務所に姿を見せた本村氏は、200人を超える支援者の万雷の拍手に迎えられた。「72万市民の皆さんと対話する選挙を、一丸となって展開することができた」。元財務相の藤井裕久氏らの傍らで瞳を潤ませながら喜びを語った。
 
 3期12年続いた加山市政を評価する一方で、「世代交代で開かれた市政にしたい」と改革の必要性を強調。1月の出馬表明は4人の候補者の中で最も遅かったが、県議や衆院議員時代に培った知名度を生かした戦いを繰り広げてきた。
 
 「1万人に会いに行く」がキャッチフレーズ。自転車を使って各地に出掛け、街頭演説やミニ集会に注力した。イメージカラーを黄色にし、選挙活動中に黄色の小物を身に着けてくるようにも呼び掛け、有権者参加型の運動で盛り上げた。
 
 居酒屋を営んでいた亡き母から「困った人を助けるような人になれ」と言われて育ち、政治の世界へ。その舞台は県政から国政、そして72万都市の市政運営へと移る。万歳三唱で喜びを爆発させた本村氏だが、すぐに口元を引き締め「これまでの全ての経験をぶつけ、誇りを持てる相模原市を目指していきたい」と抱負を語った。

新人宮崎氏「支持いただいたのに残念」


支持者らの前で悔しさをにじませる宮崎氏=7日午後9時25分ごろ、相模原市中央区の事務所
支持者らの前で悔しさをにじませる宮崎氏=7日午後9時25分ごろ、相模原市中央区の事務所

 「多くの有権者に支持をいただいたが残念」。宮崎氏はそう敗戦の弁を述べ、唇をかみしめた。
 
 日本航空の元機長だった民間の経験を生かし、行財政改革推進を掲げた。4年前の市議選では自民党公認で当選したが、今回の市長選は組織に頼らず自転車で街中を巡るなどしてきた。「考えを浸透させきれなかった。今後について決めていないが世のため、人のために貢献したい」と語った。

現職加山氏、4選ならず「政策浸透できず」


落選の報を受け、支援者らに謝罪する加山氏=7日午後8時20分ごろ、相模原市中央区の事務所
落選の報を受け、支援者らに謝罪する加山氏=7日午後8時20分ごろ、相模原市中央区の事務所

 本村氏の当選確実が報じられ4選への道が絶たれると、相模原市中央区にある現職の事務所は重苦しい雰囲気に包まれた。午後8時15分ごろ、あいさつに立った加山氏は「この結果になったのは私の不徳の致すところだ」と述べ、支援者に頭を下げた。
 
 与野党の推薦を取り付けた前回から一転、今選挙戦は苦境に立たされた。自民党が「分裂選挙」となった影響で組織的支援を受けられない。他候補から「市政が硬直化している」「大型開発は白紙に戻すべきだ」などとの批判を受けて守勢に回り、3期12年にわたって市政運営を担った実績を伝えきれなかった。
 
 市職員として長年まちづくりを担当し、都市部長、助役を歴任。前市長の後継指名を受けて2007年に初当選を果たし、政令市への移行、駅周辺の再開発、福祉施策などを中心に手腕を発揮してきた。
 
 JR相模原駅前の相模総合補給廠(しょう)一部返還地(同市中央区)のまちづくりに関して、継続の必要性を強く訴えてきただけに心残りはある。「市外で勤め、生活している市民に細かな政策が浸透しきれなかった」と語り、沈痛な面持ちを浮かべた。

新人八木氏も無念「私の努力不足」


集まった支援者に敗戦の弁を述べる八木氏=7日午後8時10分ごろ、相模原市中央区の事務所  
集まった支援者に敗戦の弁を述べる八木氏=7日午後8時10分ごろ、相模原市中央区の事務所  

 初当選を目指した八木氏だが、支持を広げられず敗れた。「この結果はひとえに私の努力不足。皆さまとともに戦えたことを誇りに思う」と支援者にあいさつし、無念さをにじませた。
 
 相模原市と合併した旧城山町の元町長で、市議、県議を経て「長期多選にストップをかける」との思いで立候補した。自民党公認で県議に当選した経緯もあるが、自民支持層をまとめきれなかった。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕