1. ホーム
  2. 選挙
  3. 相模原市長選4候補、最後の訴え

統一地方選2019
相模原市長選4候補、最後の訴え

選挙 神奈川新聞  2019年04月06日 22:50

 相模原市長選に立候補している4人の候補者は6日、市内を駆け回り、最後の訴えに力を込めた。

本村賢太郎氏「選んでもらえる街」


有権者に支持を訴える本村氏=6日午後、相模原市中央区
有権者に支持を訴える本村氏=6日午後、相模原市中央区

 相模原市内各地を巡り、遊説したのは新人の本村賢太郎氏(48)。黄色のジャンパーとスニーカー姿で若さをアピールした。

 市役所さくら通り(中央区)での練り歩きでは、市民から「商店街のにぎわいを取り戻して」と声を掛けられる場面も。高齢者の外出支援を通じた市内の活性化策を説明するなどし、日焼けした顔で市民との「対話」を続けた。

 最後の訴えでも「多くの皆さんに選んでもらえる相模原をつくる」と街頭で声を枯らし、市政の転換に意欲を見せた。

宮崎雄一郞氏「市政の安定飛行を」


得意の飛行機ポーズでアピールする宮崎氏=6日午後、相模原市中央区
得意の飛行機ポーズでアピールする宮崎氏=6日午後、相模原市中央区

 新人の宮崎雄一郎氏(52)はこれまでと同じく自転車で回り、支持を呼び掛けた。この日は相模大野駅から淵野辺駅へ。「5年ほど前からこの駅前で市政報告と掃除を続け、自分の心を磨いてきた」と、思いの丈を有権者に伝えた。

 日本航空のパイロットだった経歴を前面に「相模原市を1回着陸し直し、もう1回離陸して水平飛行、安定飛行になるまで、かじ取りをお任せください」と力説。昼食時間を惜しみ、この日も妻手作りのおにぎりを数分間でぱくつき、最後まで市内を駆け回った。

加山俊夫氏「大きく進展させる」


花見を楽しむ人と握手を交わす加山氏=6日午後、相模原市中央区

 休日を過ごす人が集まる場所を訪れたのは、現職の加山俊夫氏(74)だ。午前中は南区を中心に歩き、昼食には好物のうどんを食べて「芝桜まつり」が開かれている南区の相模川河川敷へ足を向けた。

 鹿沼公園(中央区)では満開の桜の下で花見客にあいさつ。「津久井地域を元気にしてほしい」と声を掛けられ「まずは交通網の整備を進めたい」と応じた。
 夕方は古淵駅前で県議選、市議選の各自民候補とともに街頭演説。「相模原を大きく進展させたい」と声を大にした。

八木大二郎氏「住んで良かったと」


支援者と握手をする八木大二郎氏=6日午後、相模原市緑区
支援者と握手をする八木大二郎氏=6日午後、相模原市緑区

 新人の八木大二郎氏(55)が最後の訴えの遊説地に選んだのは、地元緑区だった。早朝の橋本駅からスタートし、駅周辺や津久井地域などを選挙カーで巡った。車の中でおにぎりをほお張ると、各地で街頭演説を繰り返した。

 夜には橋本駅に再び戻り、集まった支援者一人一人と握手。一緒に活動してきた県議、市議選各候補、後援会幹部とともに最後の街頭演説をした。「みなさんが住んで良かったと思える相模原を一緒につくりたい。必ず勝利する」。そう誓い、マイクを置いた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕