1. ホーム
  2. 選挙
  3. 候補者主張「生活保護、外国人にたかられてる」 市が懸念

候補者主張「生活保護、外国人にたかられてる」 市が懸念

選挙 神奈川新聞  2019年04月06日 05:00

【時代の正体取材班=石橋 学】外国人への生活保護の打ち切りを訴え、川崎市議選の川崎区で立候補している柚場和敏氏(無所属)の選挙ビラに事実に反する記述が多数あり、市が悪影響を懸念している。外国籍受給者を誹謗(ひぼう)中傷する内容も含まれており、生活保護の担当者は「受給者への偏見を生み、命にも関わりかねない。選挙で語られる影響は大きく、望ましくない」としている。

 柚場氏は、同区は外国人の生活保護受給率が高いとした上で「近隣諸国の割合は特に多く、地元川崎市はたかられ続けている」とビラに記述。「甘い姿勢を続けた結果、財政圧迫を招いている」として「外国人の生活保護の打ち切りを目指す」と訴えている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃