1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ボクシング、黒田選手が勝利誓う 川崎フロンターレ訪問

ボクシング、黒田選手が勝利誓う 川崎フロンターレ訪問

スポーツ 神奈川新聞  2019年04月04日 11:44

ボクシングフライ級王者挑戦


世界戦を前に、藁科社長(右)から背番号「96(クロ)」のユニホームを手渡された黒田選手
世界戦を前に、藁科社長(右)から背番号「96(クロ)」のユニホームを手渡された黒田選手

 5月に国際ボクシング連盟(IBF)フライ級王者に挑戦する同級4位の黒田雅之選手(32)=川崎新田ボクシングジム(川崎市多摩区)=が3日、サッカーJ1リーグ2連覇中の川崎フロンターレ(高津区)の藁科義弘社長を訪問し、王者奪取を誓った。

 同ジムとさまざまなコラボレーションを行っているフロンターレの藁科社長は「クラブ全体で応援します。われわれはまだ世界に挑むまで届いていないが、頑張ってください」と激励。黒田選手は「勝ってまた報告に来ます。(王者となって)川崎を盛り上げていきたい」と決意を述べた。同ジムの新田渉世会長は「相手は前に出てくるタイプのボクサー。やりやすいと思うので、川崎のジムでは初となる世界チャンピオンを取ってきたい」と話した。

 黒田選手は5月13日、東京・後楽園ホールで同級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)に挑戦する。世界挑戦は6年ぶり2度目で、5日に等々力競技場(中原区)で行われるセレッソ大阪戦のハーフタイムであいさつする予定。


シェアする