1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 大学野球春季リーグ開幕 神奈川大・関東学院大が先勝

大学野球春季リーグ開幕 神奈川大・関東学院大が先勝

スポーツ 神奈川新聞  2019年04月02日 05:00

リーグ戦初完投初完封を飾った神奈川大の右腕百瀬=横浜スタジアム
リーグ戦初完投初完封を飾った神奈川大の右腕百瀬=横浜スタジアム

 神奈川大学野球春季リーグが1日、横浜スタジアムで開幕し、1回戦2試合が行われた。3連覇を狙う神奈川大は2-0で横浜商大を下し、三森俊貴新監督が率いる関東学院大は9-4で横浜国大を破り、それぞれ先勝した。

 神大は右腕・百瀬永遠(4年)が被安打5でリーグ戦初完封。関東大は同点の七回に冨田慎太郎(3年)の2点適時打などで勝ち越した。

 第1週第2日は2日、同スタジアムで国大-関東大、商大-神大の2回戦2試合を行う。

神大、百瀬が初完封 敗戦糧に制球力向上

 「落ち着いて投げることに徹して『らしさ』を発揮できた」。2季連続の開幕投手を務めた神奈川大の右腕百瀬が、リーグ戦初完投を完封勝利で飾った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする