1. ホーム
  2. 社会
  3. 原子力空母(6)住民投票は否決、米軍は防災覚書

ヨコスカと空母・第3部
原子力空母(6)住民投票は否決、米軍は防災覚書

社会 神奈川新聞  2019年03月30日 17:51

 横須賀では、原子力空母の配備に向けた準備も着々と進んだ。

 横須賀基地で空母が使う12号バースは延長工事を終えて米軍側に引き渡されていたが、喫水の大きい原子力空母が入るには周辺の水深が1.5メートル足りない。このため、横浜防衛施設局は2006年8月、空母が停泊する12号バースのしゅんせつ工事に向けた協議書を、港湾管理者でもある横須賀市に提出した。

 原子力空母配備に反対する市民グループは配備の是非を問う住民投票を実現するため、署名を集めて条例制定を横須賀市に直接請求した。だが条例案は、2007年2月8日に市議会臨時会が開かれ、大差の賛成少数で否決された。


原子力空母の配備を問う住民投票条例の制定に向けて市民が開いた集会=2007年1月、横須賀市内
原子力空母の配備を問う住民投票条例の制定に向けて市民が開いた集会=2007年1月、横須賀市内

 住民投票を否定する意見書を提出していた市長の蒲谷は「議会もおおむね私の容認を認めてくれているのではないか」と話した。

 この時期、米軍は通常型空母「ジョン・F・ケネディ」が3月に退役することを正式に発表している。通常型空母が横須賀に配備される可能性が、完全に消えた。

 住民投票制定の条例案を採決する本会議開会の直前に、在日米海軍がこの情報を、横須賀市に届けた。在日米海軍は「米海軍の活動を、日本側がどう見ているかに注目しており、今日の結果も注視していた。横須賀市との友好関係を重んじ、日米同盟を強化していく」とコメントした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする