1. ホーム
  2. 社会
  3. 虐待児を一元的に支援

医師や弁護士がNPO設立へ
虐待児を一元的に支援

社会 共同通信  2019年03月29日 05:53

 虐待を受けた子どもの支援をワンストップで実施するNPO法人「神奈川子ども支援センターつなっぐ」が4月、横浜市に設立される。医師や弁護士ら専門家が、児童相談所や警察などの間に入り、必要なサポートをする。児童虐待を巡っては関係機関の連携が課題になっており、先進的な取り組みは注目を集めそうだ。

 「得意分野はそれぞれ違う。連携しないと最善の支援はできない」と話すのは、代表理事になる神奈川県立こども医療センターの田上幸治医師(50)。子どもの虐待が疑われる場合、児相や学校、病院、警察などと情報共有し、医療や法的サポートなど必要な支援を調整する。


シェアする