1. ホーム
  2. 選挙
  3. 約430人が立候補へ 神奈川県議、3政令市議選

統一地方選2019
約430人が立候補へ 神奈川県議、3政令市議選

選挙 神奈川新聞  2019年03月28日 05:00

統一地方選2019
統一地方選2019

 統一地方選・前半戦の県議選、横浜・川崎・相模原の3政令市議選が29日、告示される。4議会の総定数297に対し、総勢約430人が立候補する見通し。今年は統一選と参院選が重なる12年に1度の「亥年(いどし)選挙」。与野党は夏の参院選の前哨戦と位置付けており、4月7日の投開票日に向けた激しい選挙戦が繰り広げられそうだ。

 県議選は定数105に対し、153人が出馬を予定。横浜市港南区が定数減、南足柄市と足柄上が合区となる。減員分は川崎市川崎区、高津区に上乗せされる。人口減や経済活性化など地域課題が争点となる中、過去最大の14選挙区が無投票になる可能性がある。

 横浜市議選は前回と同じ定数86に対し、133人が出馬する見通し。鶴見区が1増の7、南区が1減の4にそれぞれ変更される。林文子市長が「白紙」とするカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の是非、市立中学校昼食などが主な争点となりそうだ。

 川崎市議選は定数60に対し、81人が出馬を予定している。最激戦区となりそうなのは宮前区(定数9)で14人が立つ見込み。県内屈指の人口増加率を誇る中、各候補とも子育て施策の拡充や交通環境の整備、福祉政策の進展など地域の課題解決に力点を置く。

 相模原市議選は定数46に対し、前回より4人少ない64人が立候補する予定。内訳は現職34人、元職2人、新人28人。引退や転身で現職が前回に比べて8人減り、新人は5人増え、世代交代が進むか注目される。身近な政治を争点に激戦が繰り広げられる。

自民過半数53狙う
立民、都市部中心に29人

神奈川県議選 前回比20人減

 県議選は、定数105に対し、前回より20人少ない153人が立候補を予定している。内訳は現職90人、元職6人、新人57人。

 最大会派の自民党は、現有を上回る50人を公認。推薦の候補予定者も含め、過半数の議席確保を目指す。

 立憲民主党は都市部を中心に29人を公認した。定数3以上の選挙区ほぼ全てに擁立、党勢拡大をにらむ。

 国民民主党は9人を擁立。うち8人は現職で、無所属で臨む予定者も含め、手堅い選挙戦を見据える。

 現職2人が引退する公明党は、新人は立てず現職8人の公認にとどめた。前回同様、全員当選を目指す。

 前回を上回る16人を公認した共産党。ゼロから一気に増やした現有6議席の確保を目標に上積みも狙う。

 自由党は新人1人を公認。前知事の松沢成文氏が代表を務める希望の党は3人を擁立した。日本維新の会は独自候補は立てず、希望の候補を推薦する。神奈川ネットは現職ら3人が出馬。諸派は1人、無所属は33人が名乗り。社民党は3回連続で擁立を見送った。

横浜市議選 鶴見、南区激戦

 横浜市議選は定数86に対し、133人(前回立候補者数は128人)が立候補の意向を表明している。内訳は現職79人、元職7人、新人47人。

 最大会派の自民党(現有議席31)は現職29人、新人6人の計35人を公認。さらなる勢力拡大を図る。

 立憲民主党、国民民主党、無所属の議員で構成する民権フォーラムは現職21人のうち3人が引退。立民は現職12人、元職1人、新人7人、国民は現職5人、元職1人、新人2人をそれぞれ公認。立民と国民が複数区で対決する構図で、選挙後の会派動向が注目される。

 公明党は引退する2人に代わり新人2人を公認。現有議席と同じ16人が出馬する。共産党は現職9人、新人8人を立てる。日本維新の会は現職1人、元職2人、新人5人、社民党は新人1人をそれぞれ公認。神奈川ネットは県議選にくら替えした現職に代わる新人1人を擁立。諸派は新人5人、無所属は現職、元職、新人の計22人が立つ。

 選挙区別では鶴見区や南区が激戦となりそうだ。

川崎市議選 定数60に81人

 川崎市議選は定数60(欠員2)に対し、前回(87人)より少ない81人が立候補する見通し。現職48人が再選を、元職3人が返り咲きを、新人30人が議席獲得を目指す。

 最大会派の自民党(現有議席18)は前回より1増の20人を擁立し、さらなる議席増を狙う。

 前回市議選で11議席を獲得した民主党の流れをくむ第3会派の「みらい」(同11)は、立憲民主党公認で9人、国民民主党公認で5人を立てる。同党推薦の無所属候補を含め、15人の当選で第2会派を目指す。

 現在、第2会派の公明党(同12)は前回より2減の11人で選挙戦に臨む。自公の全員当選で議会の過半数が獲得できるかも焦点だ。

 前回2議席を増やした共産党(同10)は12人を擁立する。

 維新、希望の両党は新人を各1人立てた。現有1の神奈川ネットは現職後継の新人が議席維持を目指す。

 幸福実現党や、地域政党「あしたのかわさき」「読書の党」からもそれぞれ1人が出馬を予定。無所属18人が立つ。

相模原市議選 中央区が混戦

 相模原市議選は定数46に対し、前回の立候補者より4人少ない64人が立候補の意向を示している。内訳は、現職34人、元職2人、新人28人。

 最大会派の自民党は前回から1人増の17人を立てる。3人が引退し1人が県議選へ転身するが、新人7人の擁立により、現有14議席から党勢拡大を狙う。

 立憲民主党(現有議席4)は新人2人を立て、計7人が出馬する見通し。国民民主党は現職4人全員が立候補し、現有議席の維持を目指す。

 公明党(現有議席8)は引退した2人に代わる新人2人を立て、前回同様の8人を公認。共産党(現有議席5)は1人が引退、新人1人を立て、前回同様5人が名乗りを上げる。

 社民党は現職1人の議席死守を図る。希望の党は新人1人、諸派は4人。前回23人だった無所属は6人減って17人になりそうだ。

 区別では緑区(定数11)に16人、中央区(同17)に25人、南区(同18)に23人が立候補。中央区が最も激しい選挙戦となる見通し。


シェアする