1. ホーム
  2. 経済
  3. 風力使い水素製造 臨海部で実証事業、県やトヨタ

風力使い水素製造 臨海部で実証事業、県やトヨタ

経済 神奈川新聞  2017年07月13日 02:00

燃料電池フォークリフト(右)への水素充填作業 =キリンビール横浜工場
燃料電池フォークリフト(右)への水素充填作業 =キリンビール横浜工場

 県や横浜、川崎市、トヨタ自動車などは13日から、京浜臨海部で風力発電を利用して製造した水素の供給網構築に向けた実証事業を本格運用する。二酸化炭素(CO2)の排出が極めて少ない低炭素社会の切り札として、産業分野での水素エネルギーの有用性を多角的に検証する。12日には、横浜市内に整備した水素の製造・貯蔵設備や、燃料電池フォークリフトへの水素充填(じゅうてん)作業を報道陣に公開。関係者は「実証の最終年度である2018年度に向け、しっかりした成果をまとめたい」(トヨタ自動車・友山茂樹専務役員)と意気込んだ。

 実証は環境省の委託事業で、15年度から準備を進めてきた。横浜市風力発電所「ハマウィング」(神奈川区)での発電を利用し、水を電気分解して水素を製造。水素の圧縮・貯蔵システムなどをハマウィング内に整備し、水素充填車2台で横浜、川崎市内の4事業所に運び12台の燃料電池フォークリフトに供給する。

 不安定な風力発電を考慮し、ハマウィング内にはトヨタのハイブリッド車の使用済みバッテリーを再利用した蓄電池システムも完備。風力発電ができない場合でも2日分の水素製造・供給を担保する。トヨタが蓄電池やフォークリフト、東芝が水素製造設備、岩谷産業が貯蔵装置を手掛けた。

 こうした取り組みで、水素充填車の走行時以外はCO2の排出をゼロにできる。従来の電動、ガソリンフォークリフトに比べ、8割以上のCO2削減が可能になると試算している。

 ハマウィングでのセレモニーで山本公一環境相は、CO2排出削減に向けた水素の重要性を強調。「京浜臨海部で行われる水素デリバリーシステムは、水素社会実現の鍵。全国展開が期待できる」と述べた。燃料電池フォークリフトを導入したキリンビール横浜工場(横浜市鶴見区)では、車両への水素充填作業も公開。約3分間の充填で8時間ほどの稼働が可能といい、実際にビール運搬作業を見守った神崎夕紀工場長は「環境課題の解決に向けた実証に協力していきたい」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング