1. ホーム
  2. 経済
  3. シーサイドライン、京急金沢八景駅に直結 31日新駅供用

シーサイドライン、京急金沢八景駅に直結 31日新駅供用

経済 神奈川新聞  2019年03月25日 18:58

31日に開業するシーサイドライン金沢八景新駅=横浜市金沢区
31日に開業するシーサイドライン金沢八景新駅=横浜市金沢区

 新杉田(横浜市磯子区)~金沢八景(同市金沢区)間を走行する新交通システム「シーサイドライン」の金沢八景新駅(同)が完成し、31日の始発から供用を開始する。京急線金沢八景駅と自由通路で直結し、約5分間かかっていた乗り換え時間は1分程度に大幅に短縮される。横浜市道路局と運営会社の横浜シーサイドラインは直結による利便性の向上によって、乗降客数の増加を見込む。

 シーサイドライン金沢八景駅の乗降客数は1日平均約1万5300人。従来、京急線に乗り換えるためには国道16号を横断しなければならず、両駅の直結が長年の課題になっていた。新駅は現在地から150メートル延伸。自由通路によって地上から橋上に移動した京急線金沢八景駅とつながる。

 延伸によって、シーサイドラインの運転時間が最大約40秒増加するため、平日、土休日ともダイヤ改正を実施。並木中央駅発新杉田駅行きの朝一番の発車時刻を早めるほか、朝のラッシュ時を一本増発する。新杉田、金沢八景の始発発車、終車到着時刻に大きな変更はない。運賃も延伸開業に伴う改定は行わない。

 新駅は当面、単線での暫定的な共用となるが、引き続き現在の駅の撤去や総航路などの整備を進め、2019年度中に複線化する計画。

 シーサイドライン金沢八景駅は元来、京急線金沢八景駅と直結する計画だった。しかし、1986年に都市計画決定された駅周辺の区画整理事業の進展が遅れ、89年の開業当初は現在の駅が暫定開業した。その後、同事業とともに延伸工事が進められてきた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会