1. ホーム
  2. 話題
  3. 不思議なサイホン・久地円筒分水と桜競演 川崎でフェスタ

不思議なサイホン・久地円筒分水と桜競演 川崎でフェスタ

話題 神奈川新聞  2019年03月25日 10:36

咲き始めた桜を前に開かれたスプリングフェスタの会場
咲き始めた桜を前に開かれたスプリングフェスタの会場

 国の登録有形文化財に指定されている久地円筒分水(川崎市高津区)の広場で23日、恒例の「スプリングフェスタ」が催された。咲き始めた桜の前でワークショップやステージイベントなどがあり、家族連れら大勢が楽しんだ。

 円筒分水は二ケ領用水の農業用水を各地域に公平に分配しようと1941年にサイホンの原理を使って建造された装置。98年に市内で初めて国の登録有形文化財に認定された。そのPRに向け、地元の久地第1町内会や市民団体などでつくる実行委員会がフェスタを企画しており、15回目を迎えた。

 ソーラークッキングやアユ人形作りなどのワークショップが行われたほか、地場野菜の販売など模擬店が並んだ。地元の高津小学校や西高津中学校の太鼓や吹奏楽の演奏、子どもたちによるフラダンスなどが披露され、温かい拍手が送られた。


シェアする