1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 慶応初優勝で総合力の高さ証明 フェンシング男子フルーレ

慶応初優勝で総合力の高さ証明 フェンシング男子フルーレ

スポーツ 神奈川新聞  2019年03月24日 10:54

男子フルーレで初優勝し、同サーブルも3位に入った慶応高メンバーら(同高提供)
男子フルーレで初優勝し、同サーブルも3位に入った慶応高メンバーら(同高提供)

 全国高校選抜大会は23日、各地で行われ、フェンシングの男子フルーレで慶応(山本裕太郎、新井謙信、水野怜央名)が初優勝を飾った。同サーブルは3位だった。自転車の男子ケイリン決勝で野中龍之介(法政二)が2位に入った。

総合力の高さ証明

 フェンシングの男子フルーレで慶応高(山本、新井、水野)が念願の初優勝だ。総合力の高さを証明し、春の大舞台で頂点まで上り詰めた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする