1. ホーム
  2. 選挙
  3. 相模原市長選、24日告示 現新4氏の激戦へ

統一地方選2019
相模原市長選、24日告示 現新4氏の激戦へ

選挙 神奈川新聞  2019年03月22日 19:09

 任期満了に伴う相模原市長選は24日、告示される。これまでに5人が立候補を表明していたが、うち1人が出馬を取り下げたため、現職と新人計4人による争いになる見通し。3期12年続く現市政への評価が主要な争点で、激しい選挙戦が予想される。投開票日は4月7日。

 立候補を予定しているのは表明順にいずれも無所属で、元市議の宮崎雄一郎(52)、現職で4選を目指す加山俊夫(74)、元県議の八木大二郎(55)、元衆院議員の本村賢太郎(48)の4氏。JR相模原駅前の在日米陸軍相模総合補給廠(しょう)」(同市中央区)の一部返還地における大規模開発の是非なども問われる。

 宮崎氏は、民間企業での経験を生かした市政運営を打ち出す。行財政改革や、企業誘致の推進、津久井区の新設などを掲げる。

 加山氏は、リニア中央新幹線の中間駅建設予定地の橋本駅周辺と、相模原駅周辺の整備などを挙げ市政の継続へ理解を求める。

 八木氏は、市と合併した旧城山町の元町長。相模原駅前開発の白紙化を訴え、市役所の同駅近くへの移転に反対の意向を示す。

 本村氏は、県議、国会議員を務めた。市民との対話を重視し、相模原駅前の開発計画の見直し、市立高校の開校などを掲げる。

 20日現在の有権者数は60万506人(男30万1284人、女29万9222人)。


シェアする