1. ホーム
  2. 話題
  3. 恒例の5~6月初旬は見送り 逗子海岸花火資金めど立たず

恒例の5~6月初旬は見送り 逗子海岸花火資金めど立たず

話題 神奈川新聞  2019年03月19日 19:22

約7千発の花火が夜空を彩った花火大会=逗子海岸(昨年の様子)
約7千発の花火が夜空を彩った花火大会=逗子海岸(昨年の様子)

 逗子市観光協会は19日、今年の「逗子海岸花火大会」の開催時期について、恒例の5月末から6月初旬は見送る、と発表した。資金集めにめどが立っていないことなどが理由。開催自体も「検討中」という。

 協会と市が共催してきた花火大会は例年、5月末から6月初旬に行われ、10万人が来場していた。だが昨年、財政難から市が協会への補助金(約1800万円)を全額カット。開催が危ぶまれたが、市民有志らが実行委員会を立ち上げて資金を募るなどし、開催にこぎ着けた。

 協会は開催時期の見直しについて▽資金集めのめどが立っていない▽台船に機材を運び込む際に利用してきた葉山港駐車場(葉山町堀内)で立体化工事が行われており、作業スペースの確保が難しい-ことなどを挙げた。

 市は2019年度一般会計当初予算でも協会への補助金を計上しておらず、協会は「開催に向け、時期や資金集めの方法などの検討を重ねている」とした。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱