1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 初の大舞台で輝け 女子バスケ28日開幕

全国高校総体
初の大舞台で輝け 女子バスケ28日開幕

スポーツ 神奈川新聞  2017年07月10日 16:40


 今月28日から福島市で行われる全国高校総体(インターハイ)のバスケットボール女子に県内からフレッシュな2校が初出場する。1、2年生を主体に創部3年目で県予選を初制覇したアレセイア(茅ケ崎市)、粘り強い堅守で泥くさく戦って2位で出場権を得た座間(座間市)。ともに大舞台での初勝利を目指す。

座間 泥くさく根性で勝つ


 泥くささではどこにも負けない。過去2年は県予選2回戦敗退だった座間は、粘り強さで初出場をつかんだ。雑草軍団が持ち味を発揮し、全国の強豪校にぶつかっていく。

 主将でポイントガードの河村は「とにかく守って競り勝ちたい。技術の高い選手や、背が高い選手がいるわけじゃないから、走って守って根性で勝つ」とルーズボールやリバウンドに食らいついていくつもりだ。


初のインターハイに向け、練習に励む座間の主将河村=座間高
初のインターハイに向け、練習に励む座間の主将河村=座間高

 堅守速攻の要となるのが、河村と小学3年生から10年間共にプレーしてきた172センチのセンター工藤だ。戸塚中時代には

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする