1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 開港5都市の街並みを守ろう 建造物保存の事例を紹介

開港5都市の街並みを守ろう 建造物保存の事例を紹介

カルチャー 神奈川新聞  2019年03月19日 12:31

横浜市開港記念会館
横浜市開港記念会館

 横浜など開港5都市に残る歴史的建造物の保存を巡るシンポジウム「開港都市の町並み保存のダイナミズム」が20日、横浜市中区の市開港記念会館で開催される。公益社団法人横浜歴史資産調査会(ヨコハマヘリテイジ)の主催。

 5都市の中でも函館、神戸、長崎にある「国重要伝統的建造物群保存地区」の事例を紹介。横浜の「歴史を生かしたまちづくり」と比較しながら、歴史的な都市景観の在り方を考える。また、元文化庁文化財調査官で工学院大理事長の後藤治さんが「インバウンド時代の開港都市と歴史文化遺産」と題して講演する。

 午後6時半~8時45分。参加費500円。ファクスかメールで同調査会に申し込む。ファクスは045(651)1730。メールアドレスは、yh-info@yokohama-heritage.or.jp


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会