1. ホーム
  2. 社説
  3. 一時生活支援事業 県内全域に「受け皿」を

社説
一時生活支援事業 県内全域に「受け皿」を

社説 神奈川新聞  2019年03月18日 10:58

深刻化する貧困問題と社会保障費増加への対策として、生活困窮者を広域的に支援する制度が県内で始まる。きめ細かな「受け皿」の整備が求められており、支援のさらなる広がりを期待したい。 県と藤沢、平塚、鎌倉の3市が、住居のない生活困窮者を対象に一定期間、住居や食事を無償で提供する「一時生活支援事業」を2...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする