1. ホーム
  2. 社会
  3. 反省文100枚、体毛に火

陰湿いじめ、防衛大まん延
反省文100枚、体毛に火

社会 共同通信  2019年03月18日 05:00

 反省文を100枚書かされ、体毛に火を付けられる-。防衛大学校(横須賀市)を退学した男性(24)が、当時の上級生ら8人に損害賠償を求めた訴訟で、学内にまん延する陰湿ないじめの実態が明らかになった。専門家は「リーダーシップを学ぶという後輩指導の本来の目的から外れている」と批判する。

 「この判決を機に、大学の体質が変わってほしい」。2月、違法な暴行があったと認め、7人に計95万円の支払いを命じた福岡地裁判決(確定)後、男性は訴えた。

 防衛大では全員が学生舎に住み、同じ部屋の上級生が下級生を指導する。男性は2013年4月に入学。指導の名目で上級生に暴行やいじめを受けて体調を崩し、15年3月に退学した。被告8人のうち7人は現在、自衛隊の幹部になっている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする