1. ホーム
  2. スポーツ
  3. どうした川崎 4戦未勝利 3月17日・G大阪戦

どうした川崎 4戦未勝利 3月17日・G大阪戦

スポーツ 神奈川新聞  2019年03月18日 05:00

G大阪 1-0 川崎
(前 0-0|後 1-0)

【コーナーキック】拙攻のツケ 終盤失点


G大阪に敗れ、肩を落とす川崎イレブン=等々力
G大阪に敗れ、肩を落とす川崎イレブン=等々力

 後半ロスタイム。G大阪の猛攻をせき止めていた川崎のDF陣、谷口と奈良の壁が崩れた。

 右サイド深くを切り込まれた瞬間、その足が止まる。中央へのパスに目いっぱい差し出した奈良の足は届かず、逆サイドの三浦に決勝ゴールを押し込まれてしまう。

 ピッチに大の字で倒れ込み、肩で息をする両センターバックを誰が責められようか。ともに公式戦全7試合にフル出場。谷口は「最後の最後でミスが出て…。勝つことの難しさを痛感させられた」と自戒したが、シュート15本で無得点の拙攻のしわ寄せだろう。

 3月半ばにして、チームはコンディションの壁に直面している。3月の17日間で5試合目。この間に大島、馬渡が負傷により戦列を離れ、16日の練習では主将小林まで負傷。この日はベンチ外で攻撃は決め手を欠いた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする