1. ホーム
  2. 社説
  3. バリアフリー 共生社会の歩み緩めず

社説
バリアフリー 共生社会の歩み緩めず

社説 神奈川新聞  2019年03月17日 11:06

2020年東京五輪・パラリンピックまで500日を切った。互いに尊重し合う共生社会の実現が大会のレガシー(遺産)として掲げられているが、街中のバリアフリーは進んでいるだろうか。 目の不自由な人が駅ホームから転落する事故は絶えず、電車とホームの隙間や段差も改善されていない。車いすでの搭乗を制止された...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする