1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 上茶谷、プロ初失点 監督「評価は変わらない」

プロ野球オープン戦
上茶谷、プロ初失点 監督「評価は変わらない」

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年03月17日 05:00

横浜DeNA1-4ソフトバンク


【ソフトバンク-横浜DeNA】6回表ソフトバンク1死。デスパイネにヒットを許し、三浦投手コーチに声をかけられる上茶谷=横浜
【ソフトバンク-横浜DeNA】6回表ソフトバンク1死。デスパイネにヒットを許し、三浦投手コーチに声をかけられる上茶谷=横浜

 ハマスタのリニューアル初戦で先発した上茶谷を、大声援が後押しする。「すごくスタンドにお客さんが入ってくれて投げやすかった」

 相手は2年連続日本一のソフトバンク。練習試合を含めて3試合で八回1安打に封じてきた新人に試練が訪れた。三回2死二塁。今宮のバットを折った小フライが上茶谷の前で不規則にバウンドし、内野安打となった。

 「あそこで捕っていれば…」と、一瞬の悔いを抱いた右腕にグラシアルが襲いかかる。外角いっぱいに連投したカットボールがやや甘く入り、右翼最前列に運ばれる3ラン。プロ初失点を喫した。

 三浦投手コーチは「(今宮の打球は)不運な安打」と右腕をかばう。「その後、3ボール0ストライクにしたのは反省点だけど、要所は締めていた。シーズンで楽しみだね」と大きな期待を寄せた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする