1. ホーム
  2. 社会
  3. 振り込め詐欺の手口紹介 横須賀署が防犯講話

振り込め詐欺の手口紹介 横須賀署が防犯講話

社会 神奈川新聞  2019年03月16日 05:00

詐欺の手口や注意点を説明する中山警部補 =横須賀市鶴が丘
詐欺の手口や注意点を説明する中山警部補 =横須賀市鶴が丘

 お年寄りを対象にした防犯講話が14日、横須賀市内で開かれた。横須賀署生活安全課の中山昌樹警部補が、振り込め詐欺や還付金詐欺の手口などを紹介、注意を呼び掛けた。

 講話は、ローソン横須賀鶴が丘店(同市鶴が丘)で介護相談窓口を運営する「スマイル」(同市小川町)が署に依頼。店内の交流スペースで開かれ、地域住民や介護関係者ら約10人が参加した。

 中山警部補は、手渡し型の振り込め詐欺について、キャッシュカードを要求するケースが増えていると説明。改元を口実にカードを郵送するよう要求する手紙が届くなど、新たな手口も紹介した。

 対策として「自宅にお金があることは伝えない」などと指摘。詐欺グループが嫌がる留守番電話を設定したり、通話内容の録音機能がある電話に切り替えたりするよう呼び掛けた。


シェアする