照明灯
県展

照明灯 神奈川新聞  2019年03月15日 10:07

日本画家の千住博さんが高野山金剛峯寺の襖(ふすま)絵、全長25メートルに及ぶ「瀧図」を描き上げたのは1年前の3月12日である。同じく奉納される16メートルの「断崖図」と合わせ、両作品の完成を記念した個展が横浜駅東口のそごう美術館で開かれている(4月14日まで)▼奉納作2点が壁面を支配する静まり返...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする