1. ホーム
  2. 話題
  3. 地元住民半額に 新江ノ島水族館、開館15周年企画

地元住民半額に 新江ノ島水族館、開館15周年企画

話題 神奈川新聞  2019年03月14日 05:00

新江ノ島水族館(外観)
新江ノ島水族館(外観)

 新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸)は開館15周年の感謝企画第1弾として、地元の藤沢、鎌倉両市の在住者らを対象とした「半額優待」を実施する。16日から4月7日まで。

 同水族館は2004年4月にリニューアルオープン。17年9月には累計来場者2千万人を達成した。館内では、2万匹の魚たちが泳ぐ「相模湾大水槽」や、湘南・江の島の特産品しらすの生体を世界で初めて展示した「シラスサイエンス」、クラゲ展示「クラゲファンタジーホール」など人気コーナーが並ぶ。

 対象は藤沢、鎌倉両市の在住者、両市への通学・通勤者。チケット売り場で免許証や保険証、学生証、社員証を提示すると、入場料金が半額となる。半額企画は今後、県内他市町村を対象に継続していくという。問い合わせは、同水族館電話0466(29)9960。


シェアする