1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 2度の予算案撤回に「襟を正す」 葉山町長が給与減額

2度の予算案撤回に「襟を正す」 葉山町長が給与減額

政治行政 神奈川新聞  2019年03月13日 05:00

葉山町役場
葉山町役場

 葉山町議会は12日、山梨崇仁町長が提出した町長給与を減額する条例改正案を全会一致で可決した。2018年度、議会に提出した予算案を2度撤回し再提出したことから、町長自らが「襟を正すため」(町長)と提出した。

 町長の3月の給与を10%減額する内容で、これにより給与額は74万700円になる。

 昨年10月の第3回定例会で、旧役場前バス停の上屋を建てる工事に対して議会側から意見が相次いだため、町は工事費を計上した補正予算案を撤回。また今年2月、第1回定例会に提出した19年度一般会計当初予算案に、住民票などをコンビニで交付する事業の歳出入に計上漏れがあったことが分かり、町は撤回した。

 町長は「議案の取り下げが2度もあったことは、大変遺憾」と述べた。


シェアする