1. ホーム
  2. 選挙
  3. 緑区「8年ぶり選挙戦に」 南区「4人出馬、少数激戦」

戦いの構図2019・県議選(7)
緑区「8年ぶり選挙戦に」 南区「4人出馬、少数激戦」

選挙 神奈川新聞  2019年03月12日 05:00

県議選各選挙区の状況
県議選各選挙区の状況

◇相模原市

8年ぶり選挙戦に【緑区】

 前回自民で当選した県議が市長選出馬を表明。現職1人に新人2人が挑む構図で、8年ぶりの選挙戦になりそうだ。

 自民・山口は、市議から転身。子育てや高齢者の支援など誇りの持てる地域づくりの必要性を訴える。

 国民・長友は、市議2期、県議3期の実績をアピール。行財政改革、水や緑を守る取り組みを進める。

 無所属・溝口は、合併した旧相模湖町長の長男。県市の連携を深め、税金の無駄を防ぐ施策を掲げる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする